キャットフードと猫の辞典

メインイメージ

カナガン キャットフード

公式サイトへ

カナガンはランキングでも一位になっている人気のフード。
グレインフリーで穀類を一切使用していないのがポイントです。
ドライフードタイプとウェットフードタイプがあり、好きな方を選べるのも嬉しいポイント!

コスパも良く、非常に使いやすいホリスティックフードの一つです。
もちろん人工添加物も使用されていません。
原材料も厳選された高品質なものが使われています。
ヒューマングレード素材です。

グレインフリーなので、嗜好性が高いのも特徴です。
食いつきが良いと評判のキャットフードですよ!

価格

ドライフードタイプとウェットフードタイプがあります。

○ドライフード
通常購入:1.5kg(一袋)・・・3960円
定期購入:1.5kg(一袋)・・・3540円

○ウェットフード
通常購入:75g×12缶・・・5400円
一缶あたり450円

品質管理

原材料の品質管理から徹底されているというコダワリぶり!
メインの原材料であるチキンはイギリス産で、なんと平飼いで飼育されています。
ストレスを受けずに育った鶏なので、肉質が良いのが特徴です。
新鮮な状態で原料にしています。

製造ラインも品質管理を徹底!
国際規格であるSAI GLOBALのクラスAを取得した工場で製造が行われています。
産地であるイギリスから直輸入というのも嬉しいですね。

原材料

主な原材料はチキンです。
新鮮なイギリス産平飼いチキンを60%以上使用しています。
猫の健康に必要不可欠なタウリンは2200mg/kg配合されています。

さらに、最大の特徴として挙げられるのが穀物不使用(グレインフリー)ということ。
コスト削減のために使用されることが多い穀類ですが、実は猫にとっては不要な食材。

猫は肉食なので、穀類を消化・吸収するのは苦手です。
それが原因で体調不良やアレルギーを引き起こすことも・・・
その点、カナガンなら穀類が使用されていないので安心です。

このほかにはGI値が低いサツマイモや、栄養価が豊富な海草などが配合されています。
マリーゴールド、クランベリー、カモミールなどの植物類で、必要なビタミン類をしっかり補うこともできます。
クランベリーは尿路結石を予防する働きがあり、カモミールはストレスを軽減することができるのです。

人工添加物

もちろん悪質な人工添加物は使用されていません。
保存料にはミックストコフェロール(ビタミンE)を使用しており、人工調味料は一切不使用。
着色料も使っていません。
安心して与えることができるフードです。

対応するライフステージ

子猫にもシニア猫にも与えることができます。
子猫に与える場合は、年齢に応じて適切な給与量を!

サーモンオイルが含まれているので、オメガ3脂肪酸も含有されます。
オメガ3脂肪酸は関節の痛みを和らげて、関節をケアできるというのも大きなメリットです。

口コミまとめ

カナガンの口コミをまとめました!

よく食べてくれます!★★★★★

今までのウェットフードと比べると、かなり食いつきがよかったです。
躊躇いなく食べてくれて一安心!
ホリスティック系はどうしても食いつきが悪いものが多いけど、これなら大丈夫だと思いますよ。
(5歳 女の子)

気に入っているみたい!?★★★★☆

12歳の茶トラです。
普段はカリカリだとそっぽを向くこともあるのですが、カナガンはカリカリでも匂いを嗅ぎつけると勢い良く駆け寄ってきます。
お肉のたんぱく質の匂いが直接感じられるような香りですが、それが結構良いみたい!?
一週間ほど与えた段階では、便の不調も一切なし!
毛並みも以前より良くなったように感じます。
(12歳 男の子)

一人だけ食べなかったけど大体OK★★★★☆

今まではペットショップで販売されている有名なS社のフードを与えていました。
そのメーカーもヤバイということで、今回ホリスティックに初挑戦。
確かに値段は多少高いけれども、S社も同じくらい高かったですよ。
安全性を考えたら全然こっちの方が良いです。
ぜんぶで3匹いるのですが、そのうち一人だけ食べませんでした。
他の子はガツガツおいしそうに食べています。
まぁ値段も安いし許容範囲かなと…今後少しずつ慣れるようにしてあげたいと思います。
(9歳 女の子)

変えて良かった★★★★★

キャットフードをアレコレと変えてきました。
今回やっと理想的なものに巡り合えた気がします。
コロコロ変えるのは、きっとニャンにとっても負担だと思うし。
変えてからは、腹持ちがかなり良くなったようです。
少しぽっちゃりしていたのが、いくらか健康的になってきました。
軟便も解消しました!!!
(2歳 男の子)