キャットフードと猫の辞典

メインイメージ

厳選素材のグルメなウエットタイプのキャットフード

最近の猫用のウエットタイプのキャットフードはどれも厳選されていて、グルメな感覚はあります。

元々実際にウエットタイプのキャットフードはドライタイプのキャットフードに比べると、
生に近い原料の関係もあって値段的にもg単位でいけば高いでしょう。

素材にこだわったヘルシーで健康的なシリーズなのは、「アニモンダ」フォムファインステン セレクトです。
厳選された上質なチキンを使用しており、ジューシーなチキンと猫が大好きな食材の最高のコンビネーションによって、嗜好性は抜群を誇ってます。
良質なたんぱく質と猫に必要な栄養素がバランスよく配合されている一品です。

「チキンフィレと鯛」「チキンフィレとホワイトツナ」「チキンフィレとチーズ」
「チキンフィレとハム」「チキンフィレとハマグリ」「チキンフィレと卵とアロエベラ」
の、全7種類のそれぞれのカロリーは61.4kcalと統一されているのもわかりやすいです。

他には「アソート」ミオ デリパック 海の贅沢スープも挙げられるのではないでしょうか。
名前の通りにスープというか水分がたっぷりなのですが、
厳選素材を使用の贅沢なスープが、
毎日違った味を楽しみたいグルメな猫のための開発したというコンセプトの贅沢な一品です。

かつお、ほたて、えび、かにを使った贅沢なスープに、
「まぐろとかにかまとしらす添え」「まぐろと鯛とかつおぶし添え」「まぐろとしらすとかつおぶし添え」
の、3種類は10歳までの猫用で、
11歳以上と15歳以上では「まぐろとかにかまとしらす添え」だけで専門にあります。
そういったところも素材と健康にこだわった証でしょう。

ドライタイプのキャットフードにかけるのが理想的な食べ方です。
ですが、いくらスープという名で水分があっても必ず新鮮な水は横に用意して与えるのを忘れないでください。

たまにウエットタイプのキャットフードは水分が摂れて一石二鳥な食事だと勘違いしている飼い主もいるようですが、
例えば人間がスープたっぷりのラーメンなどを食べても水なしでいいのかといわれたら、困るでしょう。
ウエットタイプのキャットフードは猫のご飯なのです。
こちらのオススメサイトのウェットタイプキャットフードのメリットについての解説も、是非ご覧ください。