キャットフードと猫の辞典

メインイメージ

歯磨きサポートにおやつ感覚スナック

猫が歯磨きするのは見たことがない人が多いでしょう。

もっとも犬以上に口の中を触られるのが嫌なので本当に子猫の時から、
口の中に手を入れたり、麺棒やガーゼなどで歯磨きをしてあげていないと、
ほとんどの猫が触らせてもくれないので、とても難しいと言われています。

ですが猫の歯は歯垢がたまりやすく、それが原因で口の中に細菌が繁殖しやすいのです。
歯垢は、口の中に残った食べかすや細菌類が原因となって歯に付着しますので、
なんとかケアをしてあげなければ歯周病になってしまう元になります。

猫自身にはもちろん自分でケアするなんてことが出来ません。
歯のケアは必要とは思わなかったと、今さら歯磨きするには大きくなりすぎて、
反抗のための生傷が絶えないという飼い主には、噛むだけで歯磨き効果があるキャットフードやおやつなどを与えてみてはいかがでしょう。

猫用のデンタルサポートスナックは、嗜好性が高く、
歯ごたえの良いおやつ感覚のスナックで、噛む際の摩擦によって歯を磨きます。
ただ食べてしまうタイプのおやつですので、太らせないように主食のキャットフードを少し減らすのと同時に、
運動、つまり遊びの感覚で走らせながら食べさせられたらさらによいでしょう。
おやつではなく、主食のキャットフードにもデンタルタイプのものがありますので、
普段のキャットフードをデンタルタイプの変更することも可能です。
いきなり変えても食べてくれない場合がありますので、そういった場合は
今までのキャットフードにデンタルタイプのキャットフードを少しずつ混ぜていき、
徐々にデンタルタイプのキャットフードを増やしていくと良いでしょう。

幸い猫にはじゃれつく習慣がありますので、
おやつ専用の容器に入れて固定し、転がして興味をもたせつつ走らせて与えましょう。

ちなみに猫にも好みがあるので食べない場合がありますが、
他にもデンタルサポートの商品はたくさんありますので、いろいろ試してみた方がいいでしょう。

ただ何もしないという選択はしない方が猫のためです。
手遅れになって、歯が抜けてしまったりすると、
ご飯があまりたべられなくなり、結果として栄養がとりにくくなってしまいます。
当然体力は落ちて、さらに体の免疫力まで落ちてきてしまうこともあるのです。
そうならないためにも、日頃から歯の健康を守ってあげることはとても重要なことです。

歯石除去は飼い主として、当然のことと考えましょう。

猫や犬などは私たちより寿命が短いです。
愛猫にいつまでも元気でいてもらうためにペット用サプリメントで健康管理してみてはいかがですか?
いくつかある中でペット用のセサミンサプリメントは抗酸化作用によって若返りが期待できたり毛並みをよくしてくれますのでおすすめです。
また、ペット用栄養補助食品になっているコエンザイムQ10は病気になりにくい体質になれるようなのでこちらもおすすめです。