キャットフードと猫の辞典

メインイメージ

本来の肉食性を重視した高たんぱくフード

猫は肉食の動物です。

ここでは本来の肉食性の高たんぱくなキャットフードを見ていきましょう。
「ロイヤルカナン」エクシジェントのキャットフードは、
食へのこだわりが強い猫にも満足してもらえるように、高タンパクな栄養バランスで配合されています。

肉の家禽ミートの原材料として使用する家禽肉は主に鶏と七面鳥を使っており、
人間が食べる食用を使っているので安心です。

ただし適度に運動する猫が理想的な体重を維持できるよう、
カロリーを調整しているキャットフードですので、あまり運動しない室内猫にはあまり向いていません。
インドア用の猫のキャットフードは家禽ミートよりもとうもろこしの配合が多くなっています。

「カントリーロード」のフィーラインヴィンテージは、
猫本来の食性を考えて肉を主体に30種類以上の食材をバランスよく配合された最高のナチュラルフードで、
幼猫や成猫用の総合栄養食として「AAFCO」の栄養基準を満たしているキャットフードです。

原材料に、ワイルドボアー(生イノシシ)、ターキー(生)、ターキーレバー(生)、
ターキーハート(生)、ターキーミール、チキンミールなどといった豊富な肉類を使っています。

元気に走り回って運動する猫や逆にあまり食の進まなく食べない猫に人気なのが、肉を使った高たんぱくのキャットフードです。
猫の健康維持のためには多くのたんぱく質が必要なのは事実なのですが、
腸内に未消化のたんぱく質が増えると発酵が進み、腸内環境が悪化することも多くあります。

キャットフード事態がそういう状態を抑えるように成分は配合されていますので、
そんなに心配はいらないのですが、もし軟便が続くようになりましたら、その兆候の可能性がありますので、気を付けてください。
また肉類ばかりのキャットフードだけですと少し太りやすいのも事実です。

ですから量をきちんと与えるか、たくさんの運動をさせるかをして太らせないように気を付けてあげてください。
こちらには猫の年齢別のキャットフードが紹介されています。
ドッグフード選びに悩まれている方は、http://www.wanderers-rest.com/erabi.htmlのサイトがおすすめです。