キャットフードと猫の辞典

メインイメージ

健康な皮膚・被毛を保ちながら栄養満点なキャットフード

皮膚や被毛に必要な栄養素は脂肪酸、タンパク質、抗酸化物質です。

キャットフードの「アボ・ダームキャット」シリーズは、アボカドに含まれる豊富な栄養素と厳選された高品質な原材料が、
愛猫の皮膚や被毛のトラブル改善をサポートします。

アボカドの何がいいのかというとスキントラブルに有効なアボガドは、別名「森のバター」と呼ばれるほどに栄養価があります。
例えばふんだんなビタミンA、EおよびCは栄養のバランスをとる上で大切なものですし、
葉酸、カリウム、ナイアシン、必須脂肪酸等もとても重要です。

愛猫の美しい皮膚、被毛、おまけに理想的なスタイルには、
このアボカドの肥満対策や理想的なスタイルを保つ、植物性オイルも効果的と言えるのです。
ちなみにアボガドは、カリフォルニア産のもので安全な果肉部とオイルのみを使用しておりますので、安心してください。

確かにアボガドには食用に適さない種、皮、枝、葉に関しては毒性があるとアメリカ製造元も認めており、
生のアボカドは消化不良の恐れがありますので、基本的に与えない方が良いものです。

では何故そこまでアボカドにこだわるのかと言えば、
アボガドに豊富に含まれる11種類の1つ、ビタミンEには細胞の酸化を防ぐ効果があり、
不飽和脂肪酸の過酸化、皮膚の抵抗力の弱化を防いでくれるからです。
また、ビタミンE、ビタミンAなどの多くのビタミンは、皮膚を治療する効果があります。

そして、アボガドに含まれた14種類のミネラルの1つ、特殊亜鉛は皮膚の健康および免疫機能に重要な成分で、
欠乏すると皮膚に障害が起こり、ひどくなると亜鉛欠乏症という皮膚炎病になってしまいます。
アボガドに含まれるこの特殊亜鉛は、他の植物に含まれる亜鉛と違い、体内での酸化率が低く、消炎効果の持続性が高いのです。

アボガドにはこの特殊亜鉛が自然な形で含まれているのが特徴ともいえるでしょう。
アボガドの皮膚に対する効能が目立ちますが、主原料は鶏やサーモンのきちんとしたキャットフードです。
こちらに危険なキャットフードの特徴が載っていますので、こちらを参考にして危険なものは避けるようにしましょう。
犬も飼われている方は、犬の体調などが気になりますよね。
こちらhttp://www.tennllama.com/jin.htmlで、犬の地調に合わせたドッグフードが紹介されているので参考にしてみてください。