キャットフードと猫の辞典

メインイメージ

口臭・尿臭などの気になるニオイを抑える消臭おやつ

猫にとっての口臭の原因は、
プラーク…つまり歯石などが原因なことが多いのですが、
あまり猫には歯磨きの習慣はありません。
そうなります、と急いで歯磨きをさせようとしてもほとんどさせてくれません。

本当に子猫の時から口の中に手をいれたり、
ガーゼなどで歯石をとってあげていたりしないと絶対といっていいほどに嫌がります。
最終的には滑り止めのついた軍手を使う人もいるのですが、
口の中に入れる以上、1回の使い捨てにしなければなりませんし、
滑り止めに使われているゴムで猫が体調を崩してしまってはいけませんので、あまりお勧めではありません。

デンタルサポートをしてくれるおやつのスナックやガム、鶏のトサカなどでつくられた噛みごたえが抜群のものの摩擦を使って歯石を取るようにしましょう。
また最近では、メインのキャットフードでも歯石がとれるデンタルタイプのキャットフードというものが売られているようです。

それでも臭いが取れないようなら「リモナイト」がお勧めです。
「リモナイト」は鉄分が69%もあり、この鉄分は安定性に欠ける物資のために、
安定しようと様々な物質と結びつく性質を持っているというのが、「リモナイト」の特質である「吸着力」です。
この「吸着力」により、猫の体内の臭いや老廃物を消化中に吸収して排泄するのです。

猫が「リモナイト」を食べると2~3日で糞が黒くなります。
これはペット体内の臭いや老廃物を吸収したということで、
リモナイトを食べると、腹の中でリモナイトが臭いの元と結合し、糞として体の外へ排出します。

個体差はありますが、約3日で便臭が気にならなくなり、
7日~10日で口臭を押さえ、体臭や尿臭は3週間から~1ヶ月で抑えられます。

「リモナイト」は阿蘇の大自然に育まれたミネラルでできています。
それでも効き目がないようでしたら、獣医に相談した方がいいでしょう。
「リモナイト」自身の効き目がないのならともかく、口臭は歯周病や歯周膿漏の可能性があり、
尿臭は腎臓に異常がある場合があります。

そういう場合は早めの対応が必要ですので、獣医に診せてください。
こちらには、 口コミで評判のキャットフードが紹介されていましたわかりやすい解説でおすすめのサイトです。是非ご覧になってみてください。
ドッグフードhttp://www.thehockeypuck.com/smell.htmlにも消臭成分が配合されたものがあるので、犬も飼っている方でニオイが気になる方はお試しください。